こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
コロコロ :: 2013/09/26(Thu)

先日買ったシーツ
色も肌触りも申し分ないものの、
一つ、如何ともしがたい問題があることが判明。

今まで使っていた、
茶色のシーツでは分からなかったのですが、
寝床を共にしている関係で、
私の布団は、姫の毛だらけだったらしいのです。

それが新しい紺系のシーツでは、
これでもかーーーーー!!!
と明らかで、
『結構毛だらけ』ならぬ、
『シーツ毛だらけ』街道まっしぐら状態。

イヤ~、いくら可愛い姫の分身(?)とは言え、
こんなに四六時中、姫にまみれて寝ているわけには・・・。
と言うことで、最近消費が増えている関係で、
新たに、交換用を購入してまいりました。

lint+roller+refills_convert_20130925030924.jpg

日本と違って、
カーペット用のコロコロがなく、
代わりと言っては何ですがこちらでは、
お洋服用のコロコロが出回っております。

しかし、この勢いで行ったら、
日本でコロコロを購入してきたほうがいいかもなぁ。

  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
定期券 :: 2013/09/05(Thu)

バンクーバーの公共交通機関にも、
日本のような自動改札やICカードを導入すべく、
現在、着々と準備が進められているようです。

しかしこれが、
早くも中途半端なお仕事になりそうな気配なんですねぇ。
例えば、すでに自動改札は設置されているのですが、
駅によっては、その数が見るからに少なすぎ!
各方向、2台ずつしかない(一つは車いす用を含む)ということは、
時間帯によっては、並ぶこと必至。

おいおいおーーーーーーい!

更に極めつけは、
以前にも書いた気がしますが、
1時間半以内は、バスから電車、そしてまたバス、
など乗り換えし放題のはずが、
バスで現金でチケットを買った場合、
そのチケットを使って、電車への乗り換えができないらしい!

と言うのも、このチケットは従来通りの、
紙製チケットであるため、
自動改札で感知されないそうなのです。
と言うことは、もう一度チケットを買い直しさせられることに。

おいおいおーーーーーーい!
ふざけろーーーー!!

これも何も、中途半端な投資額で導入に踏み切ったせい。
やるならトコトンやる。
出来ないならやらない!
全く、小学生じゃあるまいし。

bus+pass_convert_20130905075043.jpg

春夏の歩け歩け出勤に疲れた私。
今月は、やたらと利用頻度が増えそうな予感もあり、
定期券への投資へと踏み切りました。
この紙の定期券のままでいいのになぁ。




  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ティッシュ再び :: 2013/07/25(Thu)

以前、貧乏症がために、
フツーの2枚重ねのティッシュしか利用できない、
と言う記事を書きました。
品質としては、別に普段使いに問題はないものの、
いつも新しい箱を買いに行くたびに、
「うぬーーーーーーー。」
っと唸らされることが一つあるのです。

tissue_convert_20130725114606.jpg

悪くないかな?と思うデザインの箱は、
全部3枚重ねのもので、
2枚重ね用の箱デザインは、とにかくひどい!
この緑のものは、その中でもまだまともなほうで、
前回の猫の写真柄と言い、
他のものはどれもこれも、とにかくひどい!
生まれて初めて、ティッシュカバーを作ろうかと思いましたよ。

別に値段は同じなのに、
(重ね数が多い分、入っている枚数は3枚重ねのほうが少ないのかな?)
これだけ駄デザイン揃いの2枚重ね。
もはや差別としか思えません!

しかし差別化を図る狙いが、さっぱり分からん。
3枚重ねを買ってほしいのかい?
でも何のために?
あーー、もう頼むからもう少しマシなデザインを、
2枚重ねにも採用してくれ!!!



  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
シーツ :: 2013/07/17(Wed)

日本では最近どんなことになっているのか分かりませんが、
こちらでは、ベッドのシーツや掛け布団カバーなど、
thread countを気にする人が結構います。

これは、1平方インチ(約2.5x2.5cm)内に何本糸が織り込まれているか、
と言うことで、
縦糸、横糸両方の数を足したものだそうです。
(例:縦糸100本+横糸100本=thread count200)

大体200くらいであれば、十分肌触りの良いものなのですが、
最近は、600とか1000とか言うのが出回っているのです。
我が職場でも、カバーなど扱っているのですが、
時々thread countを訊かれ、250~300と言うと、
「もっといいの、ないの~?」
とまるで粗悪品を扱っているかのように見下すお客様がいます。

しかしこの「thread countが高いほど、も高い!」と言うのは、
はっきり言って幻想です。
そしてその幻想に踊らされている消費者は、アホざんす。
ハイ、断言させていただきます。

だってね、あなた。
フツーに考えて、
どうやったら2.5cm辺に500本も糸を並べられるんだ?
って思わないんですかね、この人たちは?
いくら数学が苦手だからって、バカにもほどがあるぞーーー!!!

糸と言うのは大抵、
何本かの細い糸を撚って、一本にしているわけですが、
これら、数字の大きいthread countの商品は、
この撚りを成す、一本一本の糸を数えてしまっているそうです。
そして値段は、
(偽)thread countが高くなればなるほど、お高くなっているようで。

阿波踊りじゃあるまいし、
アホだからって躍りすぎ、踊らされすぎなんじゃーー!!!
とまぁ、他人のことなので
そんな怒っても、体力の無駄なんですけど。

sheets_convert_20130717072944.jpg

久々に、シーツ探しに出かけてみると、
ホント、thread count600の商品が
「これが最近の標準よー!」とでっかい顔して並びまくってました。

その中、基本的に色が気にいったため、
こちら、320の商品を買ってきてみました。
十分にスベスベ気持ちいいです、ハイ。
ま、私の場合どうせ、あまり高い商品に慣れてないですしね・・・。


  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
リネン :: 2013/07/04(Thu)

皆さん、蚊帳で寝たことありますか?
最近はあまり使われてないんでしょうねぇ。
私は昔、昔、その昔、
まだ親子4人、川(にもう一本加えた)の字で寝ていた頃、
夏は蚊帳を張って寝ていました。

いいですよねぇ、蚊帳。
なんとなく(似非)平安貴族気分が味わえるし、
中に入って寝転がると、
巨大おっぱいの下にいるような気分になれ、
安眠が保証されてるし。
↑その他ご利益・感想は人それぞれ。

な~んてことを思い出したのは、
最近、その「昔、昔、その昔」の頃の夏休みを彷彿させられるくらい、
バンクーバー、あーづーかったんです。
どっから来たんだい!?
ってな具合に、いつもは不在な湿度まで伴っちゃって。

でそんな時に、職場でリネンのシーツを買ってきちゃったら、
もう、蚊帳しかないっしょーーー!
ってなことに、一人懐郷の気分に浸っちゃったりしたわけなんですねぇ。

linen_convert_20130704041248.jpg

少しでも蚊帳に近付けるために、
と言うわけではありませんが、
このリネンシーツ、部屋のカーテンにしてみました。
あー、気持ちいい~。

天気のせいか、蚊帳カーテンのせいか、
最近朝目覚めがいいんですけど、
「昔、昔、その昔」は目が冴えてできなかったのに、
現在、誰に強制されてもいないのに、
昼過ぎには、勝手に睡魔に襲われている今日この頃。
あ、もうすぐやばい・・・。

  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。