こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
また映画鑑賞 :: 2013/12/19(Thu)

テレビなしの生活をして久しいのですが、
カルガリーにいる頃は、
長く、寒い冬の友として、
と言う大家さんの計らいで、ケーブルテレビが観られました。

専用のリモコンで、メニューだかに行くと、
現在やっているテレビ番組とその内容などが見られ、
地道に一つずつチャンネルサーフィングせずに、
観たい番組を決められるようになっていました。

ある深夜、そんな風に現代版チャンネルサーフィングをしていると、
↑多分、もうかなり「現代」ではないはず・・・。
カナダ版MTVとでもいいましょうか、
Much Musicと言う音楽専門チャンネルで、
レトロ音楽」の番組をやっている、と出ていました。

しかしその番組内容紹介は、
私を震撼させることとなりました。
だって、「90年代の音楽ビデオを流す1時間」
だと言うではありませんか。

「レトロ」って、60年・70年代、
まぁ新しい解釈として、80年代くらいまでじゃなかったのかい!?
我が青春、つい昨日だった90年代が、
いつの間に「レトロ」になっちまったんだい!?

ガビーーーーーーーーーン!!!!
↑久々!

こうして人間は歳を取ったことを学び、
わが青春はもはや、現代のレトロであることを実感し、
「最新」がいつの間にか「古典」になっている事実を知ることになるんですね。はぁ
↑といつになくちょっと哲学的なことを、
ベレー帽をかぶり枯れ葉散る木の下で思いふけっている私をご想像ください。
↑と言う発想がすでに「レトロ」」・・・。)


late+spring+the+movie_convert_20131219092358.jpg
まぁ、大胆なキャッチコピー。ポッ

誰かの「青春」だった頃の、
私にとっての「古典」、小津映画を観てきました。
一度くらい、一作品くらい観ておくべきよねぇ、
と思ったものの、機会がないまま来てしまいましたが、
映画館で観られる機会ができたため、
行ってまいりました。

古い映画と言うと、世の東西を問わず、
今観ると、やたらとゆーっくりと言うイメージがあったのですが、
テンポもとてもよく、絵も無駄がなく、
内容も飽きさせない、とてもいい映画で、
(偉そうですが)感心してしまいました。

映画監督が選ぶ歴代映画ランキングで、
よく1位を取っている、「東京物語」も、
そのうち上映予定らしいので、
そちらは「晩春」よりどれだけいいんだろう!?
と今からかなり期待しております。

スポンサーサイト


  1. 娯楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<靴下 | top | ポストカード>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/472-c0356dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。