こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
日本民芸館 :: 2013/10/29(Tue)

美術館の数が少ない上に、質もいただけない。
なのに値段だけは一流なバンクーバーに比べ、
日本は、大小さまざまな美術館に溢れていて、
私、かなり感動であります。

その上、何とも良心的な観覧料で、
みんなきちんと経営できているのか、
ちょっと余計な心配をしてしまったり。

以前から興味があった、日本民芸館
比較的近くに行く用事があったので、
立ち寄ってみました。

mingei+kan_convert_20131029135115.jpg

『民芸』と言う単語の祖柳宗悦氏のお住まいだったこちらに、
宗悦氏が内外で集めた『民芸』を中心に、
展示している美術館です。

ハイ、建物自体が何ともいい味を醸し出しております。
展示物は、人が使ってきたものばかりなので、
自然触りたくなるのですが、
「手を触れないでください」と言う札があちこち置いてあるため、
出来るだけ近づいて見るだけで我慢。チェッ

各展示物の札(?)は、日本語のみなため、
外国人観光客の方には、あまり友好的ではないですな。
でも、素材の情報が基本的に書いてないため、
日本人にもそれほど友好的ではございませんが。

やはり触れる、と言うことで、
Amuse Museumのほうが、私は好みですが、
品揃えは、とてもよろしいので、古い民芸がお好みの方は、
一度は行く価値があると思います。

私はここで見た、浜田庄司氏の作品が、
やっぱり何ともよかったので、
次回は、益子に足を延ばそうと思った次第であります。
スポンサーサイト


  1. 娯楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<・・・。忘れた。 | top | ボロ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/456-ee8449fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。