こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
・・・、観た。 :: 2013/10/02(Wed)

バンクーバー国際映画祭、前半一週間が終了しようとしています。
今年も、ボランティアの仕事と、
いつもの仕事と家事とで、
てんてこ舞いになっておりますが、
その中で観た映画たちをご紹介します。

Fatal Assistance ☆☆☆1/2
地震後のハイチへの支援が、
いかにうまく行かなかったか、
を追ったドキュメンタリー映画。
正直、分かってはいたことを再確認させられる内容だったため、
これといって真新しい発見はなかったような。
ただ、ハイチにも賢い人たちがたくさんいる、
と言うことを知り、うれしくはなりましたが、
国際社会の口出しが多すぎて、
その人たちが能力を発揮しきれる地盤がないのが残念。

11.6 ☆☆☆☆
11.6ミリオンユーロを一人で盗み出したセキュリティ・ガードの、
実際にあった事件に基づくお話。
残念ながら、私が好きな、
最後に「そう来たか!」と思わされる系の
サスペンスではありませんでしたが、
とてもよく出来ていたし、
最後の終わらせ方がとても上手な映画でした。

舟を編む ☆☆☆☆
去年の『鍵泥棒~』同様、
苦労しまくって、何とか観覧出来た作品。
イヤ~、松田龍平君、
デビュー時は和風美少年だったのが、
年を経て、味のある役がこなせる容貌になりましたねぇ。
(しかし、メガネを外したらまだ美男子の名残が。)
長かったけど、最後まで丁寧に作られていて、
とても楽しめました。
が、女性陣がちょっと私好みではなく、
特に池脇千鶴の、ポストバブルの格好+メイクは、
見るに堪えないものが・・・。

Aatsinki ☆☆☆
フィンランドのラップランドに住む、
トナカイ飼いの兄弟とその家族を、
1年を通じて追ったドキュメンタリー。
音楽もなく、インタビューもなく、
会話もとき~どきある程度で、
仕事で疲れていた私は、かなり居眠りをしてしまったようで、
ほとんどの季節が雪に覆われた冬であろうはずが、
なぜか、秋の場面しか見覚えがない・・・。
トナカイの解体作業シーンで、
毛皮を剥いだり、内臓を丸々きれ~に取りだしたりするのを見て、
「美しい・・・」と思ってしまった私は、
やはり何か問題があるのでしょうか・・・?

Honeymoon ☆☆☆☆
招かれざるお客さんの登場で動く、
結婚式の主役たちの心模様や、暴かれる過去を描く、
チェコ共和国の映画。
私にとって初めてのチェコ映画だったのですが、
とーってもよく出来ていて
よい意味で、驚きな映画でした。
ただ個人的には、最後の部分をもっと曖昧に終わらせておいたほうが、
おもしろかったんじゃないかなぁ、
と思ってしまいました。

Ilo Ilo ☆☆☆☆1/2
問題児の小学生を抱えた、
妊娠中な上に仕事を持つお母さんが、
フィリピン人の家政婦さんを雇うところから始まる、
シンガポール映画。
そんな、その辺にいそうな家族の日常を、
淡々とした作りで追っていくだけなのに、
とても魅力的な内容に仕上がっていて、
観ていて、心地よくさせてくれる映画でした。
唯一残念だったのは、
後半も後半、私たちの真後ろに座っていたおじさんの携帯から、
犬の吠える声が延々10分程度流れ続け、
集中力が途切れてしまったこと。
おーやーじーーーーーー!!!

では次のご報告まで、
♪さよなら、さよなら、さよなら
↑オフコース風ではなく、淀川さん風ですので、念のため。

スポンサーサイト


  1. 番外編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<・・・、さらに観た! | top | コロコロ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/447-180fc584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。