こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
・・・始まる。 :: 2013/09/18(Wed)

今年ももうすぐ、バンクーバー国際映画祭が始まろうとしています。
去年に続き、ボランティアの申し込みをした私。
早速、メディア用の上映でいくつか観てきたので、
ご紹介しちゃいます。

*The Ravine of Goodbye(原題:さよなら渓谷)☆☆☆1/2
主人公の気がしれない、
と言う人もいるかもしれませんが、
私個人的には、まぁ世の中いろんな人がいるから、
こんな人もありだろう、
と結構呑気な感想でした。
随分長くは感じたものの、作りは悪くないと思いました。
しかし、そんなことより何より、
真木よう子さんの爆乳具合にばかり、目が行ってしまいました。
イヤ~、ただのスケベなおっさんだわ、これじゃ。

The Italian Character
: the Story of a Great Italian Orchestra ☆☆☆☆1/2
題名があらすじをもまかなってくれる、
面倒臭がり屋(=私)には何とも嬉しい映画です。
それはともかく、細部にまできちんと気の回っている、
とーっても良く出来た映画でした。
内容も、クラシック音楽に精通したくてもできない、
音楽音痴の私でも、とーっても楽しめる内容だったので、
この分野に少しでも興味のある人には、お薦めです。
ただこちらも、とにかく長かった・・・。
じゃぁどこを編集する?と聞かれても、
いい案が浮かばないので、仕方ない長さだったのかもしれませんが。

Fanie Fourie's Lobola ☆☆☆
南アフリカの、ロマンチック・コメディー。
白人主人公ファニーが恋に落ちた相手、
黒人女性のディンキーへ、伝統的な求婚をすべく、
ロボラ(結納品・金)を用意するお話です。
南アの状況は、今もこんな感じなのかしら?
と興味深く観られる部分もありつつ、
内容としては、比較的ありきたりで、
まぁ(良く言えば)安心して観られます。
一緒に観た友達は、ファニーがブチャイク系だったため、
気にいらなかったようですが、私としてはそれが良かったと思いました。

今年は何をするのかさっぱりわからないものの、
media officeでのボランティアに降られた私。
一体その合間に、何本の映画を観られるのでしょうか!?
乞うご期待!
スポンサーサイト


  1. 番外編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<再投資 | top | 新たなシミ取りクリーム>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/442-696cacb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。