こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
シーツ :: 2013/07/17(Wed)

日本では最近どんなことになっているのか分かりませんが、
こちらでは、ベッドのシーツや掛け布団カバーなど、
thread countを気にする人が結構います。

これは、1平方インチ(約2.5x2.5cm)内に何本糸が織り込まれているか、
と言うことで、
縦糸、横糸両方の数を足したものだそうです。
(例:縦糸100本+横糸100本=thread count200)

大体200くらいであれば、十分肌触りの良いものなのですが、
最近は、600とか1000とか言うのが出回っているのです。
我が職場でも、カバーなど扱っているのですが、
時々thread countを訊かれ、250~300と言うと、
「もっといいの、ないの~?」
とまるで粗悪品を扱っているかのように見下すお客様がいます。

しかしこの「thread countが高いほど、も高い!」と言うのは、
はっきり言って幻想です。
そしてその幻想に踊らされている消費者は、アホざんす。
ハイ、断言させていただきます。

だってね、あなた。
フツーに考えて、
どうやったら2.5cm辺に500本も糸を並べられるんだ?
って思わないんですかね、この人たちは?
いくら数学が苦手だからって、バカにもほどがあるぞーーー!!!

糸と言うのは大抵、
何本かの細い糸を撚って、一本にしているわけですが、
これら、数字の大きいthread countの商品は、
この撚りを成す、一本一本の糸を数えてしまっているそうです。
そして値段は、
(偽)thread countが高くなればなるほど、お高くなっているようで。

阿波踊りじゃあるまいし、
アホだからって躍りすぎ、踊らされすぎなんじゃーー!!!
とまぁ、他人のことなので
そんな怒っても、体力の無駄なんですけど。

sheets_convert_20130717072944.jpg

久々に、シーツ探しに出かけてみると、
ホント、thread count600の商品が
「これが最近の標準よー!」とでっかい顔して並びまくってました。

その中、基本的に色が気にいったため、
こちら、320の商品を買ってきてみました。
十分にスベスベ気持ちいいです、ハイ。
ま、私の場合どうせ、あまり高い商品に慣れてないですしね・・・。
スポンサーサイト


  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<スイカ | top | 航空券>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/422-ab30c4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。