こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
陶芸品 :: 2013/05/08(Wed)

私が行った美術大学では、
自分の専攻外の分野のクラスもいくつか取らないと、
単位が間に合わない設定(?)になっておりました。

私は前にも書いた気がしますが、
美大に行っておきながら絵がヘタなので、
油絵のクラスなどは問題外として、
単位ももらえる上に、実用的なものが手元に残る、
工芸系のクラスをいくつか取ることに。

そこで選んだのが、ジュエリーと陶芸だったのですが、
イヤ~、自分の才能のなさをこれでもか!と実感することに。
しかもそれだけでなく、まったくもって好きになれなかったのです。

布の優し~、寛大な感じに比べ、
ジュエリーは、固い金属との戦い。
時に、押しても引いても反応してくれない!(←ヘタだから
陶芸は、泥だらけになる上に(←ヘタだから)、
泥に手の水分を全て吸い取られる(←カルガリーが乾燥しすぎてたから)。
とにかく、どちらも心身共に疲労が激しい。
そして、何もいいアイディアが浮かばないから実りもない。あぁ・・・

おかげで、自分には布しかない!
と再度認識できたことも確かだし、
これらの工芸品を作っている人たちへの尊敬の念も新たに生まれ、
まぁ、いい経験ではあったのですが。

ceramics_convert_20130508072446.jpg

しかしついでに、変な知識だけは身に付いたため、
作品(商品)を見極める目が厳しくなったのも事実。

陶器の場合、どっしり・しっかり構えているわりには、
実は持つと軽い、と言うのがもはや私の絶対条件になり、
その上、カップの場合は取っ手とボディのバランスだとか、
飲み口が飲みやすい厚さかどうかだとか、
もう、自分じゃできないくせに、
色々と口うるさくなってしまって、我ながら始末が悪いったらありゃしない!

そんな私のお眼鏡に、今回の旅でかなったのがこちら。
蝶々がついているほうが、
それこそ、見た目の安定感がいい上に、軽~い持ち心地で、
釉薬の感じも気に入って、お買い上げ~。

(ちなみにもう一つのは、分かりづらいですが、
釉薬が焼かれている間に化学反応を起こし、
表面にちょっとした模様を施している、ペンダントです。)

次回詳しく書きますが、
お値段もかなりお手頃で、もう幸せな買い物をしたと、
一人大満足しています。

あ~、素晴らしい哉、ソルト・スプリング島・・・。
スポンサーサイト


  1. 収集
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<・・・もらった! | top | ・・・とこ、行ってきた!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/392-ff568ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。