こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
免税品 :: 2013/04/22(Mon)

去年おフランスに行った際、
バンクーバーの空港で化粧品を免税店で購入しました。
これが、今頃になって・・・。

まずはマスカラ
売り場を見渡したところ、
私の愛用品と同じ容器のものが見当たらないものの、
お店の人は、このブランドの商品はこれで全部だと言うので、
一番それっぽいものを選んだものの、
結局間違った商品だったことが判明。

うぬ、ぬぬぬ・・・。
あの中国系のおばちゃんめ、図りおったな!
と今日はなぜか時代劇風。

まぁ、自分の愛用品の名称を
ちゃんと覚えていなかった私もいけないので、
仕方ない、とまぁ諦めることができなくもなくもありませんでした。

それがつい先日判明したのですが、
なんと、ファンデーションまでも!

johnny+back+af+missing+10+days_convert_20130422131649.jpg
「化粧?そんなもの要らねぇぜ、べらんぼうめ~。」とジョニ夫も時代劇風。じゃなくてただの似非江戸っ子!?

私は普段、同じ商品の2色のファンデーションを
混ぜ合わせて使っているのですが、
免税店で購入した1色を使おうと開けると、
「ありゃ?なんかいつもと色が違うような。
加齢のせいで、私の記憶力も当てにならなくなってるってことかしらねぇ?」
と悲しい哉、弱気・・・。

気を取り直して、
混ぜ合わせる、もう1色を加えてみたところ、
「ありゃ?二つとも同じ色に見えるんだけど。」
と容器の表記を確認してみると、
まさにその通り。
なんと!箱に表記されていた色番号と容器の色番号が違っていたのです。

おーーのーーーれーーーー!
またも図りおったなーーーーーー!!!
とまだ時代劇風。

交換に行きたくとも、
時期が経ち過ぎている、のみならず、
一体免税店での交換ってどうやるんだい!?
レシートには、「期間内なら交換可能」となっていましたが、
『免税店で交換したいんで』と言えば、
セキュリティを通してくれるのか!?
それとも、また旅に出ろと言うのか!?

あがーーーーー!!!
とまだまだ時代劇風。←嘘っぱち

皆さんも、こんな不幸を味合わないよう、
免税品をお買い上げの際は、
とっとと商品の確認を行い、その場で返金なり交換なりご対処ください。
スポンサーサイト


  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<盗作品 | top | 春の映画鑑賞>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/386-73e27979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。