こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
1㌣硬貨 :: 2013/02/27(Wed)

先日小さな八百屋さん(でもお肉も売ってたなぁ・・・)で買い物をした際、
ペニー(1㌣硬貨)は受け取ってないの。」
と言われてしまいました。

そうなんです。
カナダ政府、1㌣硬貨を排除する動きを始めたのです。
その理由のひとつは、
「1㌣硬貨を作るのに、1.06㌣かかるから。」
とのことですが、
じゃぁそれ以外の理由は何なんだい!?、
と個人的には気になります。
(と言うか、ほかに理由はない!と勝手に見てます。)

しかし大抵のお店では、
1㌣硬貨で買い物を出来るものも、
お釣りは繰り上げ・繰り下げとして、
1㌣硬貨を市場に流通させないようにしております。

それなのにこのお店、受け取らないなんて、
消費者の手に残っちゃうじゃないの!
と一人ちょっと腹を立てた私でありました。

pennies_convert_20130227054850.jpg
現在私のお財布に残っている1㌣硬貨たちです。いつ「そして誰もいなくなった」になるのかしら・・・

しかーーーし!
この間、郵便局のおばさんと話をしていて、
もっと衝撃の事実を聞いてしまったのです。
うーーーん、ちょっとだけ大げさです。

郵便局では、1㌣切手など5㌣以下の切手を扱っているため、
もしお客さんが1㌣切手を5枚以下求める場合、
結局、1㌣単位でお釣りを渡さなくてはならないとのこと。

もし繰り上げ・繰り下げの手順にならうと、
タダで切手をあげるか、価値以上の値段を要求することに。
しかし、普通のお店では使えなくなる1㌣硬貨をもらったお客さんはどうしろと・・・?
銀行に行って貯金!?

・・・カナダ政府、ちょっと詰めが甘かったんじゃ?

大体、1㌣硬貨をなくしたからって、
(少なくとも今のところ)物の値段が5㌣単位になるわけじゃないんですよ。
事実カードの場合は、そのままの金額が請求されているわけで。
要するに、ただややこしいことになっているわけです、現在のところ。

カナダ政府に、明瞭な今後の展望があることを祈りましょう・・・。



スポンサーサイト


  1. 食料品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<カップ | top | またアカデミー賞候補鑑賞>>


comment

1¢硬貨

お久しぶりです。昨日テキストしたの届いたかな・・・?
私も1セント硬貨なくそう大作戦には『・・?』です。
$1.58の場合、は$1.60って言われるんでしょ。そして$1.58ぴったりしかもってなかったらその商品は買えないってことでしょ。何それ・・・。カナダに来てから思ったことは、誰も1¢硬貨をごみのように扱うということ。平気でごみと一緒に捨てたり、ほうきで掃いたり。塵も積もれば山となるということを皆知らないのかしらって思ってきましたがここまで来るとはね・・・。1円を笑うものは1円に泣くんだ!覚えとけ!
  1. 2013/03/07(Thu) 04:39:55 |
  2. URL |
  3. Aya #jQQ97JCw
  4. [ 編集 ]

Re: 1¢硬貨

コメント、テキスト、ありがとう!
ヨーロッパの国では、すでに1㌣を使ってないところはあるようですが、
カナダの計画は、ちゃんとしてるんでしょうねぇ・・・?
とかなり不安にさせられますな。
どうなることやら。
  1. 2013/03/07(Thu) 16:02:35 |
  2. URL |
  3. akiesek #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/369-fac2d95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。