こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
マカロン :: 2012/12/05(Wed)

一時期日本で、マカロンが流行っていたこと、ありませんでしたか?
私は味見してみる前から、
「あんな着色料で色づけされた『洋風もなか』、
な~にがおいしいのかしら?」
と思って、食べてみようとも思いませんでしたし、
その後、ちょこっともらって食べたときも、
何がおいしいのか、さっぱりわかりませんでした。

しかし、パリにはマカロン発祥のお店があると言うではありませんか。
そしてお友達曰く、
ここのマカロンを食べて、
「おいしいとこのは、おいしいんだなぁ、と思った。」
とのことだったので、
ここはひとつ試してみるか!
と、パリ最終日、お店にお邪魔してみました。

世界のあちこちに店舗を展開し、
パリ市内だけでも数店舗、空港にもある、Laduree

私がお邪魔した、オルセー美術館近くの店舗は、
狭い店舗に人がたくさんいすぎて、
とても入れそうになかったので、
付近を1周して、少し時間をつぶしてから再び挑戦したところ、
何とか私一人くらいは入れそうな状態に。

並びながら、
どんな味があるのか研究していると、
数人前のご家族連れは、
25個入りの箱に入れてもらっているではありませんか。

誰が食べるんじゃ、そんなにーーー!
(しかも、かなり高いけど、それだけの価値あるんでしょうねーーー!!!)

と勝手に心の中でツッコミを入れつつ、
私は、バラ買いすることに。
友達夫婦と、その日の夕飯後デザートに食べるべく、
6個も買えば、結論を下すに十分だろうと、
味をよくよく吟味し終わるころに、
私の番が回ってきました。

macaron_convert_20121205104032.jpg

ケチって、箱でなく袋に入れてもらったので、
だって箱に、5ユーロくらい取られるんですよ!
多少崩れておりますが、
我ながら、なかなかバランスの良い選択をし、
コーヒー、チョコ(しかも「産地がはっきりしたチョコ」と言うほうを選んでみました!)、
と後ひとつ忘れちゃったけど同系を。
そして、ピスタチオ、ラズベリー、カシスのフルーツ系を。
ってしたはずが、お店のお姉さん、間違えてカシスの代わりにバニラを入れてました!

で、結論ですが、
私にはやっぱり、「洋風もなか」と言うことで、
おいしいとは思えません。
中のジャム(?)のお仕事は、丁寧で、
お値段に見合っているのはわかるのですが、
如何せん、もなかの食感が私は嫌いです。
メレンゲが嫌いなので、まぁ一人勝手に納得です。

でも実は私、ホッとしています。
この世の中、好きなものが十分あるので、
これ以上増えると、逆に困るので、
ひとつくらい、確実に嫌いなものがあると言うのは、
何かと助かるものです。

今後二度とマカロン食べなくてよーーーーし!
スポンサーサイト


  1. 贈り物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<< | top | 乗車券 (後編)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/342-a4fd7806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。