こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
美術鑑賞(バルセロナ編その壱) :: 2012/11/26(Mon)

バルセロナ(にも行ってきたんですよ、言い忘れてたかもしれませんけど。)にも、
様々な美術館・博物館があります。
画家ミロの出身地だけあって、
かなり充実したミロ美術館や、
ピカソが若い頃過ごしたことがあるらしく、
その頃のピカソ作品が並ぶ、ピカソ美術館。
後は、海洋博物館も有名なようです。

が、ここで私が来館に選んだのが、
Museu d'Art Contemporani de Barcelona
とカタロニア語では呼ばれる、
Barcelona Museum of Contemporary Artです。
ちなみにこの、スペイン語そうでそうでない、
カタロニア語には、旅中何かと困らされました・・・。


私基本的に、コンテンポラリー・アート、好きです。
前にも申し上げましたが、
触感に訴える作品を好む私としては、
その辺の満足感が得られる確率が高いんですよねぇ。

DSCF2262_convert_20121126150927.jpg
古い街並みの中に、これが突如現われます。

結論から申し上げましょう。
不満だらけ。
はっきり言って、未だかつて訪れた、
コンテンポラリー美術館の中で、最悪の展示でした。
と言うか、少なくとも私の好みにはそぐいませんでした。

この時の、特別展が私好みでなかった、
と言うことなのかもしれませんが、
基本的に、独りよがりのコンセプチュアル・アートばかりで、
その概念の部分を、わざわざ説明文で読まない限り、
作品としてのレベルは低いものばかり。
かなり、欲求不満を募らせられる結果に。

ちなみにこちら、来館料10ユーロですが、
翌日行った、来館料5ユーロの博物館(になるのかしら?)は、
かーなーり満足したので、次回はそちらの報告を。
お楽しみに~。
スポンサーサイト


  1. 娯楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<美術鑑賞(バルセロナ編その弐) | top | 美術鑑賞(パリ編)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/337-43c31985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。