こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
美術鑑賞(パリ編) :: 2012/11/23(Fri)

数年前、観光シーズンの6月に、パリを訪れました。
初めてのパリだったこともあり、
気張って、色々と調べて挑みました。

そこで学んだことの一つが、
ルーブル美術館への入場は、
長蛇の列が予想されるため、
前売り券を買っておくほうが賢明、とのことでした。

よって、ルーブルへは準備万端だったものの、
もう一つ行こうと思っていた、
オルセー美術館に関しては、
何も前売り券の重要性が書いてなかったため、
な~んにも考えずに、ふらっと立ち寄ってみたところ、

ひょーーーーーーーーーー!!!

長蛇の列ができているではありませんか!
この炎天下の中、
スーパーなら数十㌣で売っている水に、
3ユーロも払って何とか待つなんて、ありえーーーーーん!!!
と相変わらずなケチ倹約家ぶりを発揮して、
来館を諦めることに。

よって今回は、前回の復讐をすべく、
オルセー、行く気満々でした、私。
あ、その割には、結局前売り券購入せずに挑みましたけど・・・。
だって今回は、観光シーズンじゃなかったですからね。
へっちゃらさ~。

musee-dorsay_convert_20121123150840.jpg

イヤ~、よかった、オルセー!
個人的には、ルーブルよりも全然よろしい!
何が良いってですね、

① 広すぎない
よって、展示数が多すぎず、途中多少休憩を挟むとしても、
ちょっと疲れたかも、と言う頃には、
とりあえず全部観終えていて、
そんな意味での満足感も得られます。
ルーブルは広すぎるのに、がめつい私は、
「でもこの展示物すべてへの鑑賞料金を払ってるからには、観てやるわよー!!!」
と一人無意味な、途中完全燃焼を味わうことになり、
イヤ~、後味の悪いのなんのって・・・。


② 展示内容がよろしい
と言うか、ただ単に私好み、ってだけの話なんですけど。
印象派の作品の数々も良かったですけど、
それ以上に私は、アールヌーボーの家具なんかの品揃えも、
とっても楽しめました。
そして、これは以下につながるのですが、

③ 宗教関連の作品がほぼ皆無
イヤ~、今回自分が、いかにこの手の作品が苦手が、
よーーーーく分かりました。
と言うか、正直つまらないんですよね。
アーティストの想いとか関係なく、とりあえず、
「マリア様、赤ちゃんジーザス、二人ともちゃんと後光付けてますね?
ハイ、じゃ後はオプションで、天使又はジョセフ又はサンタ(←嘘)お付け出来ますけど?」
ってな具合に、まぁ基本的にどれも似たり寄ったり。
この手の作品からの解放って、
あ~、なんて素敵な自由なのかしら~!
って、(できない)口笛の一つも吹きたくなるってなもんです。

そんなわけで、
それほど美術に興味ないけど、
一応一つくらいは行っておきたいかな?
と言う方には、ルーブルより断然お薦めですので、是非。
スポンサーサイト


  1. 娯楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<美術鑑賞(バルセロナ編その壱) | top | ポテトチップス(欧州編)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/336-e6e4969a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。