こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ハギレ :: 2012/09/07(Fri)

なぜかは分からないものの、
なんとなく布に興味を持ち始めた頃、
グアテマラに、織物体験旅行に行きました。

と言っても、
名作(なのか!?)「鶴の恩返し」のごとく、
機織りで、トンテントンテン(と言う効果音が正しいのか・・・?)とやるのではなく、
back-strap weavingと言う、
「元祖」機織りと言えるこちらの織り方は、
自分が、織り機の一部(と言うより、ほぼ「大部分」)になって行う、
かなり体力を使う作業なのでした。

よって、1日目にして、体の節々が筋肉痛・・・。
一緒に参加した人たちは、
私より高齢だったこともあり、
2,3日後にはリタイヤ者続出。

それまで織物を経験したことのなかった私は、
「こんなものなのかしら~。」
と思いつつ、段々コツを得てきて、
結構楽しく織り続けたものの、
教えてくれた、現地の織り子さんたちに、
ただならぬ尊敬の念を感じたものでした。

そんな織り子さんたちの織った布を使って作った、
バッグなどを製造・販売している方が、
この織物体験の手助けをしてくれたのですが、
この方の事務所にお邪魔した際、
まだ商品にしていない、ただのに一目ぼれした私。
何も考えず、とっとと購入いたしました。

「その布、何作るの?」
と、一緒にツアーに参加していた方に聞かれて、
「何の予定もない!」
と気張って答えたところ、笑われてしまいましたが、
その時の私は、
美しいものを手に入れた幸せに酔いしれていました。

よって、普通の人は、
目的を持って布を購入するのであって、
意味もなく布自体に惹かれて購入するのは、
部類の布好きだけだと言うことを自覚したのは、、
だいぶ後になってから。

thrift-buy_convert_20120907134908.jpg
喧嘩でやられたらしく、頭の傷が出血中のジョニ夫。フテ寝中。

ちょっと覗いてみたthrift storeで、
50㌣で売っていたこちらの、
見るからにビンテージなリネンの端切れ布2枚。
迷わずお買い物しときました。
もちろん、使い道の当てなど、
まーーーったくもってございやせん!
「開き直り気味の自慢」とご理解ください。

布オタクとしては、所持していて、
たまに見て、触れて、
「グフフフフフ~!」
その際、目は「ちびまる子ちゃん」の藤木君のような感じで。
と自己満足に浸るだけで十分なのです。
スポンサーサイト


  1. | trackback:0
  2. | comment:0
<<布いろいろ | top | 鮭缶>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/313-d8f1d36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。