こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
マニキュア :: 2012/04/26(Thu)

私、美大卒の割には、
色の名前にとーっても疎いです。
言い訳としては、
油絵のクラスを一切取らなかったので・・・ゴニョゴニョゴニョ

しかも、開き直らせていただきますと、
最近の色の名前は、
あまりにも凝り過ぎてて、
聞いても、色が想像できなかったりしやしませんか!

例えば、我が職場の春物スカーフ。
4色あるうちの一つ、
くすんだ黄色の名前が、
アップル・グリーンって・・・?

もう一度言いますが、
黄色なんです。
グリーンの「グ」の字も見当たらない黄色具合で、
「マスタード」と言うほうが、
よっぽど正しい色なんです。

しかし、アップル・グリーンを正式名にしたからには、
それなりに理由があったのだろうと、
頼まれてもないのに、
一人ない頭をひねったところ、
多分、酸化防止剤を使っていない、
(グリーン)アップルジュースの色だから、
アップル・グリーンなのではないかと言う、
勝手な結論に達してみたり・・・。

ついでに、
他の3色のうち2色は、
同様にこ洒落た名前がついているのに、
青だけ、「ブルー」って・・・。

nail+polish_convert_20120425112639.jpg

新しく買ってみたマニキュア。
手前のは、Spanish Mossと名付けられています。
スペインに行ったことがないので、
スペインの苔がこんな色をしているのか、
私には分かりませんが、
まぁ、そういうことにしておきましょう。

対して奥のは、Mischievous。
いたずら好きなと言う意味ですが、
私、スペルを初めて知った気がします・・・。
と、そんなことで引け目を感じてる場合でなく、
これこそ私がブーブー文句をつけている、
「凝り過ぎた名前すぎて、色が想像できない」と言ういい例ですよ!

大体色の名前が形容詞って、
どういうことですか?
あまりにも抽象的で、
想像できないどころの話じゃないでしょ!

と、当初考えていたより、
腹が立ってきたので、
この辺でお開きにしておこうと思います。
やっぱり、せいぜい24色クレヨンの色くらいわかっていれば、
人生十分だと思います。
スポンサーサイト


  1. 服飾品
  2. | comment:0
<<まだバター | top | 乗車券>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。