こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
そば :: 2011/11/22(Tue)

人間誰しも、
いくら練習しても、なかなか上達しないことがあるものです。
例えば、どうにもこうにも音痴な人など、
もはや生まれ持った(持たなかった!?)才能ゆえ、
ある程度は諦めるしかないような気がいたします。

私にも(は?)、
この手の才能(の欠如)がいくつかありますが、
今日思い出したのが、
「麺類をすすれない」才能です。

日本人たるもの、
麺類を食べるときは、
自然とズズズーーーーッと盛大に音を立てる家族に育ったものの、
私、未だに出来ません。

云十年にわたる練習の成果もむなしく、
いくらすすろうとしても、
麺はビクともせず、空気ばかりを吸い上げ、
苦しいことになり、
結局箸で麺をつかんで、休憩。

ということを繰り返し、
最終的に、箸でボソボソ運び、
モグモグ食べる、ということになります。

この食べ方で、私は十分満足だったのですが、
家族に言わせると、とてもまずそうな食べ方らしいですが・・・。
欠点として、ボソボソやってるうちに、
麺についた汁が逃げていき、
ツルッとのど越しを味わうでなく、
モグモグやるころには、味気ない麺を食べることになる、
という図式が出来上がるのかと思われます。
如何せん、すすって食べたときと食べ比べが出来ないため、
確かなことは言えませんが・・・。


よって、私が麺類をあまり好まない子供だったのは、
当然の成り行きと言えるでしょう。

soba_convert_20111122132917.jpg

それでもうどんに比べると、
麺自体に味のある、おそばのほうが好きでした。
小麦粉アレルギーがわかった今となっては、
さらに、おそばを好んでいます。

でも、うちの父の手打ちうどんで作る、
煮込みうどんは大好きです。
煮たうどんは、麺に味が染込んでくれているので、
すすれなくても問題ないんですねぇ。

そんな煮込みうどんが食べたくなるくらい、
寒ーーーーい、バンクーバー。
雪まで降ったんですよ!
この寒さが、ずーーっと続くのでしょうか・・・?
スポンサーサイト


  1. 食料品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<缶詰 | top | ・・・買えなかった(その2)。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/200-371697e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。