こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
物の値段 :: 2011/03/30(Wed)

冒頭からいきなりまとめさせていただきますと、
今日は、「正しい値段を払う」日だったと言えるかと。

まず、午前中に近所のオーガニックスーパーへ。
帰宅後、「見切り品の野菜を中心に買い物をしたのに、
結構行くものだのぉ~」
とレシートを見ると、
98セントになっていたホウレンソウが、
元の$4.98で打たれているではないですか!

おいおーい!
一体誰が、こんな少量のホウレンソウに5㌦も払うんだ!?
と、あらぬほうに突っ込みを入れつつ、
即効お店に戻り、返金してもらいました。

午後は、2か月ぶりとなる、MCC Thrift Storeへ。
これと言って目当てがあったわけではないのですが、
綿糸3玉と、Pyrexのカップを3客ほど購入することに。

mar+29_convert_20110330102242.jpg

以前も話しましたが、
ここの業務は、心やさしいおじいちゃん・おばあちゃんで成り立っています。
よって、「ビジネス」という雰囲気よりも、
自然と、「自治会のバザー」あたりの雰囲気でことは運ばれまして。

今日のレジのおばあちゃん、
まず、私の綿糸3玉には、1玉に「5㌦」という値札が、
3玉すべて入った袋には「12㌦」という表示が。
「これは一体、どちらが正しい値段なのかしらねぇ・・・?」
という独り言に、私が自分の見解を述べる間もなく、
「安いほうで行くわ。」
と、5㌦をレジに打ち込みました。
これには私、「あら、ちょっとラッキーかも。」
と思ったものの、
続いて、私のPyrexのカップには「2㌦」の値札が
底についていたにも関わらず、
確認せずに、カップの一般的値段(50セント)を打ち込もうとしたため、
私、さすがに罪悪感から慌てまして、
「これは2ドルって値札がついてますよ!」
と、自己申告いたしました。

おばあちゃん、返金の仕方が分からないとのことで、
先ほどのレシートは無効とし、
また一から打ち直すことに。
「やっぱり、この5㌦と12㌦って表示が訳分からないのよねぇ。」
と、まだ独り言をおっしゃるので、
「私が思うに・・・」
と、「12㌦で行きましょう!」宣言をさせていただき、
最終的に、無事18㌦のお買い物となりました。

その後、おばあちゃん、使うのが初めてという、
クレジットカードの機械でも多少手こずりまして、
私の支払いが終わった頃には、
なかなかに長い列ができておりました。
(私は罪悪感から、列の長さを確認する勇気がありませんでした・・・。)

が、ここが年の功ってやつでしょうね。
おばあちゃん、まーったくもって慌てることなく、
どこまでもマイペースに業務を続けておりました。

年取るって、悪くないわねぇ。

スポンサーサイト


  1. 日用品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<イタリアン | top | 誕生日プレゼント>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konnakatta.blog33.fc2.com/tb.php/102-d8461ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。