こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
押さえ :: 2013/01/31(Thu)

先日あるお店に行った時のこと。
お目当ての品を扱っているか、
店員さんに聞いたところ、在庫を確認したうえで、
今は品切れしているが、1週間後くらいには入荷しているだろうとのこと。

その後、帰ろうとしたところ、
店内の展示品が目に着いて、
店員さんと話をしていると、彼女急に、
「そこでいきなり吐く!?」
と入口の外を見て、叫ぶではありませんか?

ほぇ?
と思い、外を見てみると、
青年が一人、入口のドアの外に腰を下ろしているではありませんか。

ここでちょっとややこしいのですが、
このお店の作りを説明すると、
普通に路面に面して、ウィンドウがあるものの、
入口はそこから少し入り組んだ(引っ込んだ?)作りになっており、
且つ、閉店後占めるであろうゲートが、
半開き程度に開いているのみなので、
「このお店に入ります!」と言う目的を持った人でないと、
ま~、普通は入ってこないような作りなのであります。

それをこの青年
何を思ったか、わざわざゲートを入り、
ドアのすぐ外、屋根がある部分で腰をおろし、
ゲロ―ッとやったわけでして・・・。
その後一応、「気持ち悪かったのでごめん。」と
店内に声を掛けたものの、
ゲロはそのままに、立ち去って行きました。

店員さん、突然のことに動揺しながらも、
私たちを裏口から出してくれ、
「主人に片づけさせようかしら・・・?」
なんて言っておりましたが、
その後どうなったのかしら~?

DSCF2430_convert_20130131101601.jpg

あれから1週間。
今日行ってみたところ、
私のことはすっかり忘れていたものの、
「あのゲロの時の・・・」
と言ったところ、すぐ思い出してくれて、
私の目当ての品は、結局まだ入荷されてなかったようですが、
倉庫から、本当は売り物用ではないようですが、
一つ取ってきてくれて、無事購入となりました。

何だかわかります、これ?

ミシンの押さえなのですが、
普通ミシンって、前方に向かって縫い進みますが、
これに押さえを変えると
それから「送り歯」の機能も解除する必要があります。
あ~ら、不思議!
四方八方、どこへでも縫い進めちゃうんですねぇ!

何とも画期的(私の基準は低いのでね。)なこの機能、
主にキルト作りや刺繍に使われるようです。
私はそのどちらとも縁がありませんが、
ちょっとばかしアイディアがあって、試してみる予定です。
楽しみ~。

ちなみに先週のゲロは、
結局ご主人が処分してくれたそうです・・・。
頼み上手な奥さま、見習いたいものです。


スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。