こんなもの、買った。

日常生活で購入した品々を、エピソードを交えながら紹介。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
音楽鑑賞 :: 2012/07/30(Mon)

お友達で、とにかく映画好きな人がいます。
ジャンルは問わず、
新作の情報は、レビューも含めて詳しくチェックし、
気になるものは、公開初日に観に行く。
それほどでないものも、
公開一週目には、大体観ると言う徹底ぶり。

その彼女に先日、
私の映画館の座席問題について語ったところ、
VIFFバンクーバー国際映画祭の主催団体)の座席が一番ね~。」
とのこと。

これだけ映画を、
映画館で観ている(←ここミソですね。)彼女が言うのだから、
間違いないだろう!
と言うことで、
以前から実は気になっていたこともある上、
職場から、徒歩5分と言う立地も手伝って、
今日初めて行ってきてみました。

3+tenors_convert_20120730161722.jpg

VIFFの建物内にある劇場では、
週替わりで、インディ映画や外国映画などを上映しています。
今日私が行ったのは、
1990年に初めて行われた、
三大テノールのコンサートの模様です。

かなり余談ですが、
確か、Seinfeldのエピソードかなんかでもあった気がしますが、
私も未だに三大テノール、
「パバロッティ、ドミンゴとあともう一人」
として覚えています。
↑これは「覚えてる」とは言いませんね・・・。

で、肝心の座席ですが、
入った時は、かなり期待できそうなプチ豪華さを放っていたのですが、
やっぱり私には、高さと頭部位置の出っ張りがイマイチでした。

ここまで来るとさすがに、
私の頭のほうに問題があるのかしら・・・?
と考えずにはいられません。

私の後頭部、
どちらかと言うと、絶壁だと思っていましたが、
実は出っ張りすぎているのでしょうか・・・?
あーーー、あああーーーーーーー。(←苦悶の叫びです。

次回は、首巻枕を持参しようかと、
かーなーり真剣に考えています、私。


スポンサーサイト
  1. 娯楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。